大奥~誕生[有功・家光篇]の評価

総合評価 4.7
テレビ局TBSテレビ
放送日時金曜 22時

大奥~誕生[有功・家光篇]』は、勝手にアカデミー賞 [2012秋]にノミネート中です!
 → 今、何位?

部門評価 (票数)順位
脚本4.6 (20票)2位
キャスト4.9 (20票)1位
感動4.6 (20票)2位
ユーモア3.0 (20票)12位
スリル4.3 (20票)1位

大奥~誕生[有功・家光篇]のキャスト

下記のキャストは連ドラキャスト 勝手にアカデミー賞 [2012年 秋版]にノミネート中です。
良かったと思うキャストには是非投票して下さい!
役名タレント名属性評価評価グラフ
有功 堺雅人主役63全コメント
徳川家光 多部未華子脇役26全コメント
玉栄 田中聖脇役12全コメント
稲葉正勝 平山浩行脇役7全コメント
澤村伝右衛門 内藤剛志脇役3全コメント
春日局 麻生祐未脇役13全コメント
コメント履歴:
[多部未華子(+1票)] 多部未華子徳川家光>> 続き
[堺雅人(+1票)] 素敵すぎ。>> 続き
[多部未華子(+1票)] 顔が個性的なので、美少女という感じはあまりしなかったが、迫力>> 続き
[堺雅人(+1票)] 素晴らしいの一言。有功の美しさをここまで表現できるのは彼しか>> 続き
[堺雅人(+1票)] 第8話、お楽様と春日局様を看護する姿が、とても美しかったです>> 続き
なにかコメントがあればどうぞ!

大奥~誕生[有功・家光篇]の音楽

大奥~誕生[有功・家光篇]関連の曲です。下記の曲は勝手にアカデミー賞 [2012年 秋版] 音楽賞にノミネート中です。 良いと思った曲に投票して下さい!
曲名歌手名属性評価評価グラフ
DEEPNESSMISIA主題歌9全コメント
コメント履歴:
[DEEPNESS(+1票)] ドラマから離れた独立した作品としても、普遍的な詞で、心から感>> 続き
[DEEPNESS(+1票)] MISIAさんが大好きです。 >> 続き
[DEEPNESS(+1票)] MISIAの素晴らしい、魂の込められた歌声に、ドラマの切なさ>> 続き
なにかコメントがあればどうぞ!

『大奥~誕生[有功・家光篇]』の感想・レビュー

2. 採点: 5 [2012年10月20日 03:33]

実写化大成功と言える出来栄えですね。原作に忠実に物語が進んでいきますが、役者さんの個性も生かされていて、ドラマならではの良さもあります。MISIAの曲も良いタイミングで流れてきて感動を倍増させますね。
家光役の多部未華子と玉栄役の田中聖が特に良かった。玉栄のラストの素振りのシーンは素晴らしかったです。

3. 採点: 5 [2012年10月20日 20:41]

男性版の大奥ということで、遊び心のある軽いノリのドラマかと思っていたが、予想外に厚みのある本格的なドラマで驚いた。1話、2話と話がどんどん面白くなっていく。
そして、堺雅人は演技派だと改めて思い知らされた。玉栄役も上手い。純粋な彼がどんどん黒く染まっていく様が切なく恐ろしい。

4. 採点: 4 [2012年10月21日 00:09]

全体的に面白いドラマだと思いました。映画を見ていたので、ああ、そういうことか、と思うところがたくさんあって、見てすっきりしました。ただ、第1話で有功が家光に扇子で討たれるところを、もう少し美しく取って欲しかった。あの、怪我の感じは美しくなくて残念でした。

5. 採点: 2 [2012年10月22日 07:54]

まあ内容はすごいチープだと思う。
演出も微妙。このテーマの実写化は無理。
でも設定の斬新さとそれのごり押しのすごさで一つ評価。

6. 採点: 5 [2012年10月22日 18:12]

原作の面白さがそのままドラマになってます。キャストもどうかな?と思ってましたが、ハマってました。

7. 採点: 5 [2012年10月27日 03:33]

突飛な設定のドラマにも関わらずリアリティを感じさせてくれる演出と脚本、キャストの演技力は評価に値する。
内容は、なかなか悲惨で、目を背けたくなることもあるのに目が離せないという、まさに作り手の思うがままの感情を抱かされている気がする。

8. 採点: 3 [2012年10月28日 19:05]

堺雅人さんの有功に期待していました。もっと美しく描いて欲しいです。メイクがもうひとつな時がある気がします。多部未華子さんが可愛くて、かわいそうで切ないです。

9. [2012年11月15日 03:50]

ドラマも前半を終え、いよいよ後半に突入です。
素晴らしい出来だと思います。
スタッフ、キャスト作り手の皆さんの、作品への真摯な思いが表れていると思います。
主演の堺さんはただでさえ難しい役柄で、しかも全編受け身の演技を強いられるなか、美しい所作、その目に湛えられる豊かな感情とで繊細な表現をされ、見るものの心に真っ直ぐ、深く突き刺さってきます。
そうした堺さんの演技に誘発されるように、ヒロインの多部さんも難役を真っ直ぐに演じられ、女将軍の哀しみと共に強さをも見事に表現されています。
田中くんも原作から抜け出してきたようです。
そして麻生さん。素晴らしいですね。一話終盤のあの台詞を、あのように見事に言い切られたのには感服致しました。男家光の血に固執し、どんな手段を取ろうとも徳川家の存続を図ろうとする春日を体現されています。
他、皆さん演技力では定評のある方たちばかりで、ドラマに厚みを増していらっしゃいます。

10. [2012年11月15日 04:01]

管理人様
私の投票にはレーダーチャートが現れないのですが、何故なんでしょうか?
折角採点して、何度も送信してるのに評価に反映されないなんて・・・。

※管理人です。ご報告ありがとうございます。総合点が未採点の場合、レーダーチャートが表示されない仕様になっていたようで、修正いたしました。何度もお手数をおかけしてしまい、大変申し訳ありませんでした。
素晴らしいコメントと投票ありがとうございます。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

11. 採点: 5 [2012年11月17日 17:11]

管理人様
早々の御対処、ありがとうございます。
総合点が最初から入力出来なくなっていましたが、その為、レーダーチャートも出ず、評価も反映されなかったのですね。
でも、お陰様で今は総合点も入力出来ましたし、これで評価も反映されるのでしょう。
安心致しました。

12. 採点: 5 [2012年11月23日 04:06]

物語が尻上がりに面白くなってきています。
役者さんたちの素晴らしい演技、表情に、一瞬も目が離せません。

13. 採点: 5 [2012年11月23日 04:09]

これぞ、今期ナンバーワンドラマ!!

14. 採点: 5 [2012年11月23日 04:12]

人間を、人間の業を描いた深いドラマだと存じます。

15. 採点: 5 [2012年11月23日 04:24]

確かにこの作品は、ダイナミックで骨太で、真の大河ドラマのようです。
大きな歴史のうねりと、そのなかで必死に生きていく人間たちを描いた秀逸な作品です。

16. 採点: 5 [2012年12月01日 14:12]

かなり面白いです。前回、前々回と見逃したのですが、江戸の町で女遊びしまくってブイブイ言わせてた捨蔵しか知らなかったので、いきなり赤面疱瘡になって死んじゃったシーンはかなりショック・・・。
そして、春日局が亡くなったシーンは感動的でした。本当に怖くてヒドい奴と思っていましたが、彼女なりに使命感を持って行動し殉じた姿は素晴らしかった。正勝との親子愛も泣ける。
目が離せない展開で次が楽しみ。見逃した部分が悔やまれる・・・。

17. 採点: 5 [2012年12月03日 07:48]

先週の第8話は大きく話が展開しました。
春日局の死と猖獗を極める赤面疱瘡によって、とうとう女将軍の誕生。
多部さんの宣言は素晴らしいものでした。
春日とお楽の看病をする堺さんの美しさも特筆ものです。
そして春日の後継となって大奥を組織していく有功の姿。
この有功と家光、二人の関係がどうなるのか、次回も気になります。

18. 採点: 5 [2012年12月03日 07:51]

逆転大奥、大好きです!

19. 採点: 5 [2012年12月03日 07:56]

この作品は、どの要素も一つとしてお座なりにはせず、とても丁寧に誠実に心を込めて作られていることが、視聴者にびんびん伝わってきます。
スタッフ、キャストの皆様には敬意と感謝を申し上げます。

20. 採点: 5 [2012年12月08日 01:41]

役者さんが素晴らしすぎる!皆の魂のこもった演技に毎回引き込まれています。
家光としての迫力の万点の多部ちゃんと有功の前での女になった多部ちゃんのギャップにやられます。
有功役の堺雅人の迫真の演技も本当に見応えがあります。
正勝役のチオビタドリンクの人もさすが。
死んじゃったけど春日局も恐ろしくも健気で良かった。
ここ最近無かった骨太のドラマですね。

21. 採点: 5 [2012年12月17日 06:38]

とっても良いドラマでした。毎回泣きました。正勝の娘役の子の棒読み以外は素晴らしいキャスト。多部ちゃんの堂々たる家光は最後まで光っていました。有功の美しさも堺雅人だからこそ出せたと思いました。もっと見たかったです。

総合点
脚本
キャスト
感動
ユーモア
スリル
コメント
※必須項目
投票ボタン
※コメントのみ必須項目です。
※採点はどれか1項目のみでもOKです。
※レーダーチャートは、総合点以外の全ての項目を回答いただかないとコメント欄には表示されません。

このページの先頭へ