ぼくの夏休みの評価

総合評価 3.3
テレビ局フジテレビ
放送日時平日曜 13時30分

ぼくの夏休み』は、勝手にアカデミー賞 [2012夏]にノミネート中です!
 → 今、何位?

部門評価 (票数)順位
脚本3.0 (16票)11位
キャスト3.5 (16票)11位
感動3.5 (16票)9位
ユーモア2.5 (16票)9位
スリル4.4 (16票)1位

ぼくの夏休みのキャスト

下記のキャストは連ドラキャスト 勝手にアカデミー賞 [2012年 夏版]にノミネート中です。
良かったと思うキャストには是非投票して下さい!
役名タレント名属性評価評価グラフ
青山和也 井上正大主役1全コメント
青山はる菜 有村架純脇役4全コメント
望月知佳[偽はる菜] 逢沢りな脇役12全コメント
コメント履歴:
[逢沢りな(+1票)] どんどんドラマに出てほしい>> 続き
[逢沢りな(+1票)] かわいすぎる>> 続き
[逢沢りな(+1票)] 月9の主役でも演じられる逸材 話し方が癒される>> 続き
[有村架純(+1票)] 活発な役~辛い役。色々な役を、こなしていって…「すごい☆」と>> 続き
[逢沢りな(+1票)] 見た目は本物のはる菜よりもタイプです。>> 続き
なにかコメントがあればどうぞ!

『ぼくの夏休み』の感想・レビュー

1. 採点: 4 [2012年08月09日 12:52]

和也もはる菜も別人のようにかっこよく(orかわいく)なっていてびっくりです。やはり昼ドラは、こうやって子供時代から大人になるまでめちゃくちゃにやってくれるのが良い。

2. 採点: 3 [2012年08月09日 13:59]

大人になって急にリアリティが無くなった・・・。
子役の迫真の演技を全て台無しにしてしまった。
子供時代は昼ドラにしては凄く作りこまれたドラマだと思っていたのに。
子供時代は☆×5
大人になってからは☆×1

3. 採点: 4 [2012年08月10日 11:21]

青年期に入ってから完全に意味不明。誰が誰なのかもよく分からなくなってる。完全にいつもの昼ドラに戻った。子供時代の面白さと、子役の頑張りに免じて4点つけておこう。

4. 採点: 4 [2012年08月10日 15:24]

突然ドロドロになったが、これはこれで嫌いではない。

5. 採点: 3 [2012年08月10日 15:53]

青春編・・・すごい。完全に普通のドロドロの昼ドラ。もはや和也とはる菜が平成から来たってことをすっかり忘れている人も多いのでは?
せめて平成から来たという設定を活かす要素をもっと盛り込めば子供時代からの流れで良いドラマになると思うのだが。
本当に勿体無いな。脚本家が変わったのか?それとも子供時代が実は評判が悪くて元のドロドロの昼ドラのほうが多くの視聴者が求めていることなのだろうか?
本当に不思議だ。
子供時代と青春編の落差が激しいので点数のつけ方が本当に難しいな。

6. 採点: 5 [2012年08月10日 15:58]

子供たちの名演技、折角の名作を木っ端微塵に打ち砕いた平成の破壊王こと「ぼくの夏休み 青春編」。

ドラマの歴史に新たな伝説を作った。

「ドラマ界の江頭2:50」の称号を与えたい。

7. [2012年08月10日 16:24]

青春編が夢オチであってほしいと願っているのは僕だけではないはず。

8. 採点: 2 [2012年08月11日 10:15]

完全に別ドラマになってしまいましたね。
悲惨な戦争という現実を現代の子供が知って、成長していくという第一部は骨太で悲しくも暖かい昼ドラとして素晴らしかった。
しかし、第二部になってから、突然ゲスな内容になってしまった。あの和也とはる菜が7年たってお互いの顔が分からないってのが不自然すぎるのは置いておいても、兄弟間で恋愛って・・・落ちるとこまで落ちたとしか言いようが無いです。
ドロドロの内容が嫌いというわけではありませんが、第一部からの流れを考えると全てをぶち壊しにしてしまったと言わざるを得ない。
このモヤモヤをどうにかして欲しい。

9. 採点: 3 [2012年08月11日 16:03]

子供時代は良かったです。それぞれ個性豊かなキャラクターが登場し、平成から来た2人の兄妹とのやり取りの一つ一つが面白かったです。
しかし7年後は本当に内容の薄いいつものドロドロでインパクトだけで勝負、次の回を見せるためだけの行き当たりばったりな展開の昼ドラになってしまいましたね。
どこをどう間違ったらここまで違うドラマにしてしまえるのでしょうか?
出来れば子供のまま平成に戻って欲しかったところです。
でもまだまだ先は長いので、これからまたよくなることをちょっとだけ期待しつつ見ようと思います。

10. 採点: 4 [2012年08月14日 12:36]

ついにはる菜が体を売ることになってしまいましたね・・・。子供時代から見ていると本当に悲しくなりますね。ここまでグチャグチャにする必要はあるのか??と思ってしまいます。
でも、最後に和也がはる菜をおんぶして歩くシーンは、唯一子供時代とリンクして良いシーンだったと思います。

11. 採点: 2 [2012年08月14日 14:25]

たった7年ぶりなのに、兄弟が再開しても気づかないのは、どう考えても不自然。
ついにちえ子姉さんと和也が再開することになるので、気づくと良いが、きっと今回もお互い気づかないのだろう。
ってか、菊ちゃんとかと再開した時、なんで気づかないんだ。菊ちゃんなんて、顔全然変わってないだろ~。
兄弟同士が全然気づかないのは、物凄く不自然だけど、先が気になるという点では、結構うまい。そこだけは評価しておこう。

12. 採点: 1 [2012年08月15日 14:17]

隅から隅まで全て「あり得ない」で塗り固められた「青春編」。
少年編が素晴らしかっただけに残念でなりません。
ちえこの変貌ぶりは、まだ背景がちゃんとあるので、納得できないことはないですが、悲しいですね。
なんと言っても一番ゲスすぎるのは、和也とハルナがお互い兄妹と気づかずに恋に落ちてしまうという設定。気持ち悪すぎて吐き気がします。青春編になってから、イライラしてドラマの内容に集中できません。

13. [2012年08月15日 17:36]

ホントに夢オチにしてくれないか。子供時代のままの姿で平成に戻って、「なんだかおっそろしい夢をみたなぁ・・・・(´;ω;`)」って感じで。

14. 採点: 4 [2012年08月17日 07:41]

皆さんのご意見と完全に逆行してしまいますが、私は青春編になってからの方が面白いと感じています。
正直、第1部の少年編の主役の男の子の演技が受け付けませんでした(女の子の方は好きでした)。ですので、少年編は、見たり見なかったりでした。ちゃんと見ていたら面白かったかもしれませんし、内容はそちらの方が、しっかりしている印象はありましたけれども。
青春編になってからはほぼ毎日欠かさず見てしまいます。根っからの昼ドラ好きのようです。内容は不自然すぎてメチャメチャですが、次が気になって仕方なくなって食い入るように見てしまうんですね。
これからもどんどんグチャグチャのドロドロのどうしようもない展開になってくれることを密かに期待しつつ視聴することにします(笑)

15. 採点: 3 [2012年08月17日 10:24]

第2部っは、数多くの謎な部分、不自然な部分、矛盾点が散見され、ドラマとしての完成度は地に落ちていました。

兄妹がたった7年でお互いを分からなくなる点は、最早言うまでもありませんが、恋に落ちてしまうなんて、本当に悪趣味です。少年編で頑張っていた綾部守人君と、二宮星ちゃんにはスタッフ一同土下座して謝って頂きたい気分です。

そして最近の話としては、ちえこ姉さんが、本格的に悪者になっていくのが見ていて悲しいです。
第一部では少女ながらしっかりしていて和也とはる菜にも優しくて、本当に良いお姉ちゃんだったのに。
最初、売春しているのは、菊ちゃんだと思っていて、あんなブサイクな人(失礼)でも売春って成立するのかと驚いていましたけれど、実はちえこ姉さんだと知ってショックでした。
ちえこ姉さんは、看護婦をすれば十分生活出来るだけの収入を得られるんじゃないかな?なんで売春なんか・・・。

菊ちゃんが失踪していた理由は結局謎のまま?確かにあまり興味無いっちゃ無いですが、そこに全く触れないのも不自然でなんだかすっきりしないな。

文句を上げればきりがありませんが、和也とはる菜が平成に戻るのだけは絶対に見届けたいという思いで見ています。

16. 採点: 4 [2012年08月20日 18:43]

第一部と第二部では脚本家が違ってたんですね。道理でというか納得です。
皆さんボロクソにけなされていますし、お気持ちはとても分かりますが、なんだかんだ言っても続きがとても気になり、毎回見ています。
もうすぐ最終回なのですね。平成にちゃんと戻れるのか、気になります。

17. 採点: 5 [2012年08月22日 23:42]

第2部になってから、キャラクターの性格が物凄い勢いで豹変し、ドロドロで無茶苦茶で面白すぎます。

これぞ昼ドラの王道的な展開ですね。

でも骨太で本格派の第1部からの繋がりで見ているとやはり、相当不自然ではあります。しかし、だからこそ面白いとも感じます。

平成時代から68年前の戦争時代にタイムスリップして、兄妹が空襲で離れ離れになってしまい、7年後にやっと会えたというこの場面を見たくてずっと王道的な昼ドラ展開も楽しみつつ見てきて、やっとその願いが今日の放送で叶いました。
笑える昼ドラ展開が一瞬吹き飛び涙が出ました。

ただやはり、兄妹だとお互い気づかない間に色々なことがあり、手放しでは喜べません。妹が体を売ることになったということを認識した和也の気持ちはどうだろう?好きだった女性と7年前の妹が1つに重なった時の気持ちってどんなのだろう?と色々な想像が駆け巡りました。

第1部の骨太の戦争ドラマと第2部の王道的昼ドラ展開が重なって、ものすごく切ない場面になってしまいました。

というわけで、非常に面白いドラマです。

18. 採点: 3 [2012年08月30日 02:29]

第1部は、昼ドラの常識を覆すハイクオリティなドラマ。
第2部は、昼ドラの悪いところを全て詰め込んだドラマ。
この落差は凄い。
バンジードラマという新しいジャンルを確立した。

19. 採点: 2 [2012年09月01日 14:30]

最終回まで見ました。昭和に残ったまま老いて平成を迎えるとかあり得ないです・・・。
相当悲惨な話。
昭和で出会った誰かが平成時代の何かと繋がっているというようなエピソードを盛り込んで欲しかった。
タイムスリップというアイディアを活かしきれていない。
ドロドロにしてその場だけ盛り上がればいいという最低の脚本。
以上、全て第2部の感想です。第1部は面白かったです。
第1部の脚本家の第2部が見たかったです。

総合点
脚本
キャスト
感動
ユーモア
スリル
コメント
※必須項目
投票ボタン
※コメントのみ必須項目です。
※採点はどれか1項目のみでもOKです。
※レーダーチャートは、総合点以外の全ての項目を回答いただかないとコメント欄には表示されません。

このページの先頭へ